クラウドワークス体験記【在宅ワーク】

おはようございます、こんにちは、こんばんは、ひかるです。


今日パソコンの中のフォルダを整理していたら、以前クラウドワークスを利用していた時に作成した小説の下書きが出てきました。慌てて削除削除!


確か3ヶ月くらいしか利用しなかったと思いますが、その時のことをぼちぼち思い出しました。今回はそのクラウドワークスの記事を書きたいと思います。

参考になれば幸いです!


仕事.jpg


クラウドソーシングサイト【クラウドワークス】


退職後、とにかく色々試したかった私が一番最初に始めたのがこのクラウドソーシングでした。他にもランサーズやシュフティなど色んなサイトがありますが、評判などをざっと見てクラウドワークスに決めました。


お仕事内容は大きくわけると
・ブログ記事の作成などのライティング
・企業ロゴやキャッチコピーなどのデザイン作成
・ホームページ製作や運営
・エクセルなどを使った事務作業
・商品モニター
という感じだったと思います。


プロ向けになるとサーバー構築やアプリ開発なんかもあります。私はそんなディープなところは全然わからないのでスルーでした(笑)

本当にたくさんの案件がありますので、ちゃんと探せばレベルにあった仕事が必ず見つかります


例えば私だと、

・ワードプレスは多少理解している
・ブログ、サイト運営経験がある
・ワード、エクセルは結構できる
・パワーポイントもまあまあできる
・文書作成がそこそこできる
・無料の画像編集ソフト程度は使える
・無料の動画編集ソフト程度は使える


とまあここら辺はできますが、


・Photoshopなどはあまりわからない
・アクセスはわからない
・文字起こしなどの経験はない

などのできないこともたくさんあります。
しかも私の場合は作業をするための条件が厳しく、


・子供達が寝た夜中しか作業できない
・録音用マイクがない

という条件でも可能な仕事を探さなければなりませんでした。



そんな私の条件に合ったのは
・文書作成
・ブログ記事
・企業のキャッチコピー提案
です。


文書作成は単発のお仕事をとにかくこなしました。内容は様々ですね。

例えば文字を連想して文書を書くとか、決められた複数のキーワードを使って規定文字数内で文書を書くとか、はたまた大手の掲示板に書き込むお仕事なんかもありました。詳しくは書けませんが…。


ブログ記事は長期継続の案件を3件掛け持ちしてました。きっちり提出期限があるエンタメ系記事作成のお仕事と、期限はないけど文字数が多くてワードプレスを使う記事作成のお仕事が2件。


企業のキャッチコピーを考えるのは、コンペ形式です。提出して、たくさんの応募の中から正式採用されれば報酬が入る形です。採用が一件もなければ応募者みんなに少額を分配されます。


あとは、これは少し異色のお仕事でしたが、小説を書くお仕事もやっていました。依頼者からどんな小説がいいのか指示をもらい、プロットを構成して本文を書いていく形です。


あとは指定されたサイトを閲覧してどうしたらもっとよくなるか意見を出すお仕事や、フリーアプリを使ってみて感想や改善点を提出するお仕事もありましたね。楽しかったなぁ。


ただ一つ注意なのですが、比較的安心なサイトとはいえ悪質な利用者もいます。私も一度悪質な依頼者からフリーメールを使う怪しい案件を依頼され、断ったら最低評価をつけられた上に罵詈雑言のコメントをつけられたことがあります(笑)


悪質な依頼者を避けるためには、まずその依頼者の評価を見ることですね。それから、クラウドワークス上の掲示板をチェックすること。掲示板でその依頼者が悪い方に取り上げられていたら確実にアウトです。


裏.jpg


私はクラウドワークスを利用したおかげで、ネット上のお仕事の仕組みや流れをだいぶ理解することができました
この依頼はブロガーの方がブログ記事のネタにするためのものなんだろうなとか、掲示板などでよく見かけるとある形式の書き込みはこういうところで依頼されたものなんだろうなとか。


とてもいい経験ができたと思っています。現場の裏方を知ることができた感じです。


他にやってみたいことができて、クラウドソーシングをやる時間が無くなったので今はやめていますが、また機会があれば是非やりたいなと思っています。

最後まで読んで下さりありがとうございました。



ひかる

この記事へのコメント