【個人情報】メルカリが重い腰を上げたようです

おはようございます、こんにちは、こんばんは、最近バテ気味だったひかるです。季節の変わり目はすぐ体調が崩れるのでどうにかしたいです…体力つけなきゃ。


先日ネットニュースで出てましたが、メルカリがやっと重い腰を上げたようですね。本人確認するため、初出品時に個人情報を登録することが近々義務化されるそうです。

いってしまえば今までは仮の名前でも取引きできなくもなかったのですが、今後はそうもいかないようですよ。私はちゃんとやってるので今まで通り自信を持ってやりますけど!


スポンサーリンク




■違法出品も多かったメルカリ



手軽に取引きできる反面、やりたい放題できる面もあったメルカリ。Amazonもそうですが、ニュースにまで上がってくるようなグレーな事件や違法行為がこれまでにもちょいちょいありましたよね。


私は全く信じていませんが、妊婦さんの恩恵を受けられるとかいう妊娠菌(笑)とか、ナマの現金とか、改造モデルガンとか、盗品まで出回ったりしてましたよね。夏休みの宿題である読書感想文や工作なんかの取引きもニュースで話題になりました。


本当にそれを欲しい人の心につけこんだ詐欺紛いの取引きが、これまで多々見られたわけです。正直、買う方もちょっとどうかなと個人的には思いますが…。


ちなみに今日少し検索かけてみましたが、違法な商品は現在は出品できなくなっているようです。ちゃんと規制されているようでよかったよかった。

メルカリ側も頑張っているようで、カスタマーサポートには250人程度を配置してきちんと監視しているようです。やはり最終的には人の目でのチェックになってしまうんですね、大変だ…。



■個人情報登録を前倒しに



これまでのメルカリでは、出品した商品が売れた後その代金の振り込みを申請するときに初めて、個人情報を登録する仕組みになっていました。


①出品する
②出品した商品が売れる
③売上金を自分の口座に振込申請する
➡ここで個人情報登録
④売上金が口座に振り込まれる


③の振込申請を出す際に登録していたんですね。それが今度から、


①出品する
➡ここで個人情報登録
②出品した商品が売れる
③売上金を自分の口座に振込申請する
④売上金が口座に振り込まれる


このように、①の出品の段階で登録しなければならなくなるということですね。
登録しなければならないのは、住所・氏名・生年月日だそうです。

しかも、登録した個人情報と口座番号の名義の照らし合わせもされるようになる予定だということで、偽名での取引きはほぼ無理になるのではないでしょうか。まぁ、最初っからするなよ!と言いたいところです(笑)


一番.jpg


でもどうせなら本人確認書類のコピーを送付させて、きちんと照合までやった方がいいのではないかと思います。そこまでしないとまだまだ悪いことしようとしている人達に裏をかかれそうな気がしますね。

メルカリ側もそろそろ上場したいと思っているようですし、私もメルカリには期待しているので頑張ってほしいな~と思います。今後も是非お世話になりたいです!



ひかる

この記事へのコメント