【メルカリ】購入前の取引メッセージの具体例【購入者側】

おはようございます、こんにちは、こんばんは、ひかるです。熊本はここ数日で一気に寒くなったので急いで衣替えしました。大変でした~。


メルカリを利用していて最近思ったのですが、お取引きの際のメッセージのやりとりって…難しいですよね。頻度や回数もそうですが、どの程度の敬語を使えばいいのかとか、どこまで交渉していいのかとか。

常識のない値引き交渉をしている人、遠慮なくタメ語を使う人、顔文字をやたら使う人、逆に全然送ってこない人、メッセージのやりとりの仕方をマイルールで強要してくる出品者なんかもみかけます。


ちなみに私はメッセージを送るとき、必要なことをすっきりまとめた文にして尚且つ少しだけ相手に合わせた心遣いを取り入れるようにしています。そのおかげか、評価を見る限り普段はメッセージを送らない人からも、感謝のメッセージをいただくことができています。ちょっと自慢です(笑)


そこで、メルカリでどのようにメッセージのやりとりをすればいいのかまとめてみました。今回は購入者目線での商品購入前の取引メッセージの具体例です。
参考にしていただければ幸いです。


スポンサーリンク




■商品購入前の取引メッセージの具体例



メルカリでは商品の購入前にも出品者とメッセージでやりとりできますよね。出品者の説明文やプロフィールを読んで特に問題なければ即購入で全然いいのですが、気になることがあれば購入前に聞いておくのがマナーです。


【発送方法】
【梱包の程度】
【値引き依頼】


この3項目がメッセージのやりとりの主な内容になってくると思います。

では早速ですが、どんな文章を出品者に送ればいいのか具体例をまとめてみました。


【発送方法についてメッセージを送る場合】



(文章例)
はじめまして、コメント失礼致します。
こちらの商品を購入検討しているのですが、○○○にて発送していただくことは可能でしょうか?
ご検討どうぞよろしくお願い致します。


(ポイント解説)
①はじめまして、コメント失礼致します。
➡基本ですが、文章の始めに挨拶を入れるとぐっと丁寧な文章になります。交渉したい場合は印象をよくするためにも必須です。

②こちらの商品を購入検討しているのですが、○○○にて発送していただくことは可能でしょうか?
➡購入検討していることをはっきり記載した方が、前向きに検討してくれます。
➡希望がある場合は具体的にどうして欲しいのか付け加えておいた方がスムーズです。

③ご検討どうぞよろしくお願い致します。
➡質問だけで文章を切らずに最後に『お願いします』と付け加えることで、とても好印象になります。


②が目的の内容、①と③は印象をよりよくするための文章になります。簡潔で、尚且つ心遣いの文章がありながらもすっきりしてませんか?

また、口調は丁寧になるよう心がけますが、固くなりすぎないようにした方がいいかと思います。固すぎると業者っぽくて逆によくないです(苦笑)

例えば、『して下さいますでしょうか』『していただけますか』だと、どちらも丁寧ではありますが『していただけますか』の方がややくだけてますよね。
なので、本来なら相手にしてもらう場合は『して下さいますでしょうか』の方がいいのですが、敢えて少し砕けた文章にしています。ここが私のこだわりです!ドヤ

どこの便を使うかで、梱包材を変更したり発送場所に出向いたりと出品者はそれぞれ手間を負います。その手間をお願いするわけですから、丁寧にお願いするのが当たり前ですね。

また、便によっては送料が余計にかかるため、出品者送料負担になっている場合は値上げした金額を出品者から提示されることもあります。購入者負担なら着払いなので関係ないですが。


送料のこともありますので、購入後に『やっぱりこの便で送ってください』などと希望の便を指定するのはマナー違反です。トラブルの元になります。



【梱包の程度についてメッセージを送る場合】



(文章例)
はじめまして、コメント失礼致します。
こちらの商品を購入検討しております。
梱包について質問ですが、(補強・水濡れ防止・保護など)していただくことは可能でしょうか?
ご検討どうぞよろしくお願い致します。


(ポイント解説)
①はじめまして、コメント失礼致します。
➡上の例を参照

②こちらの商品を購入検討しております。
➡上の例を参照

③梱包について質問ですが、(補強・水濡れ防止・保護など)していただくことは可能でしょうか?
➡ここは少し長文になる可能性もあるので上の例と違い、前の文と切ってます。
➡『プチプチで巻いてほしい』とか『新聞紙で包む』などの具体的なワードを入れるとよりわかりやすく出品者に伝わると思います。

④ご検討どうぞよろしくお願い致します。
➡上の例を参照


こちらもすっきりした文章で具体的に希望を伝えられると思います。シンプル。

梱包についての記載は出品者によってあったりなかったりなので、きちんと確認しておきましょう。梱包材によっては送料にも関係してくるので、トラブル防止のためにも必ず購入前に確認しておきます。


缶バッジを裸で封筒に入れられたとか、フィギュアがビニール袋に入れられて中身がわかる状態で届いたとか、トレーディングカードが補強なしで送られてきて曲がっていたとか、意外とトラブルの原因として多いのが梱包だったりします。



【値引きについてメッセージを送る場合】



(文章例)
はじめまして、コメント失礼致します。
こちらの商品を購入検討しております。
大変恐縮なのですが、○○円にお値引きしていただくことは可能でしょうか?
以前からずっと探しており、是非購入したいと思っています!
ご検討どうぞよろしくお願い致します。


(ポイント解説)
①はじめまして、コメント失礼致します。
➡上の例を参照

②こちらの商品を購入検討しております。
➡上の例を参照

③大変恐縮なのですが、○○円にお値引きしていただくことは可能でしょうか?
➡具体的に希望額を提示した方が出品者も検討しやすいです。また、『大変恐縮なのですが』という言葉を付け加えることで、恐れ多いが是非お願いしたい!という気持ちを示します。

④以前からずっと探しており、是非購入したいと思っています!
➡値引きして欲しい理由があれば絶対書いた方がいいです。
ここは畏まった文章を多少崩してもいいので、とにかく買いたいという熱意を伝えます。『思っております』ではなく『思っています』にしているのは仕様です。

⑤ご検討どうぞよろしくお願い致します。
➡上の例を参照


お値引き交渉する場合は常識の範囲内できちんと希望金額を提示するようにしましょう。額はあくまで常識の範囲内です。いきなり半額とか1/3とか提示している人を見ると目眩が…(笑)

私の目安ですが、20%引きが最大だと思います。具体的な数字を見ればわかりやすいかな。

1000円➡800円
2000円➡1600円
3000円➡2400円
5000円➡4000円

これが限度です。一か八か聞いてみてもいいかもしれませんが、7割がた嫌な顔をされると思います(苦笑)


値引き交渉は決して気軽にするものではなく、失礼を承知で誠意を持って行うものだと私は思っています。お値引き交渉OKと記載されていない場合は私は基本しません。


気を利かせているつもりなのかわかりませんが、『お気持ち程度お値引きできませんか?』などと書いている人をよくみかけます。でもそれだとあまりにも投げやりだし、いくらまで値引いた方がいいか出品者も悩んでしまいます。逆に失礼です!


取引.jpg

今回は主な3項目を挙げましたが、細かく挙げると他にもこんなことをやりとりすることがあります。

・商品の状態の詳細確認
・正規品か否かの確認
・サイズの確認
・詳細画像の追加依頼
などなど。


服に関しては、着画といって、実際に人が着ている画像を載せてもらうよう依頼する人もいます。着画依頼に関しては出品者が嫌がる場合もありますので、必ず説明文とプロフィール文をチェックして着画について注意記載がないか確認してから依頼した方がいいです。


細かいマイルールを設定している出品者もいますので、お取引きするなら従った方がいいかと思います。ま、個人的にはメルカリの規定が大前提だと思っていますので、マイルールはまあ…その方の良心にお任せすることかなと思っております。


また近日中に『商品購入後の取引きメッセージの具体例』について記事を上げたいと思います。そちらも見ていただけると幸いです!

最後まで読んで下さりありがとうございました!



ひかる

この記事へのコメント