【プレミア商品発見】ゲームせどり勉強中

おはようございます、こんにちは、こんばんは、ひかるです。うーん今のところですが今月はAmazonの売上があまり芳しくないです。このペースだと毎月の目標までいくかわからないです。


こういう時はみなさんどうしてるんでしょうか。私はメルカリとかオタマートでどうにか販売して補填してます。買い物ついでに買ったアウトレット品とか、あとは家にある不要なものを少しずつ出品してる感じです。引っ越しした時に色々とたくさん出てきたので…早く片付けてしまいたい。


さて、先日もブックオフに仕入れに行ったのですが3時間で成果はなんと画集1冊でした!残念!
『これいけるかな~?』と思ったものはどれも値動きが激しいものばかりで怪しかったので戻してきました(笑)こういう時もあるかぁ。

ま、これも勉強です。ということで、その時に見つけたゲーム関係のプレミア商品をいくつか調べてみましたので記事にしておきます。まだまだ知らないことばかりです。頑張るぞ~!


スポンサーリンク




■ゲームのカテゴリーも奥深い



これでも私は一応世間一般でいうオタクなのでゲームについてもそこそこ知ってるつもりなのですが、まだ奥は深いですね。というか、ホラーゲームが大好きなので知識が偏りまくっている自覚があります。特にアウトラストとサイレントヒルが大好きなひかるです。すいません、関係ないですね…。


マリオとか幅広く人気の商品は私はあまりリサーチしていません。予約しなきゃいけないような新品商品は扱わないし、出品者も出品数も多いので、金額だけさらっと見るくらいにしてます。それに売れるから店側もそこそこの金額つけてるので仕入れても利益が出ない


いつも行くブックオフで見るのは、プレイステーション、プレイステーション2辺りのマニアが好きそうなソフトと女性向けソフト、そして限定版のソフト全般がメインです。あとは順に見ていって気になるものをチェックする感じですね。


なんでプレステとプレステ2を優先してみるのか。


これは個人的な見解ですが、やはり一番ゲーム作品が多かったのってプレステ2だと思うんですよね。でもプレステ2のソフトは基本的にプレステ2でしかできない(初期モデルのプレステ3には互換機能がついているものもあるそうですが)ので、他のハードで出てない人気作品は未だに需要があって尚且つ高値になる傾向があるのでは…と思っています。


まだゲームカテゴリーは初心者のため手探りでやってる状態ですので、的外れのこと言ってたらすいません。


■先日ブックオフで見つけたプレミア価格のゲーム




パカパカ パッション スペシャル

【パンパカパッションスペシャル】
パンパカパッションはナムコ(現バンダイナムコ)から出た音楽ゲーム。ピアノ、ギター、キーボード、ドラムから好きな楽器を選んでプレイできる。縦に配置されたチップの上を判定線が通る特殊な譜面で、一度下にいった譜面が上に戻ってきてチップが配置されるためタイミングを逃さないようにするのが難しい。今の音ゲーに比べると判定もシビアだが、やりこみ要素も強く根強いファンがいる。
プレイステーション版のパンパカパッションスペシャルには、アーケードで人気を博した過去2シリーズが収録されている。開発元が破産しているため、レア度も上がっている模様。



日本相撲協會公認日本大相撲激闘本場所編

【日本相撲協會公認日本大相撲激闘本場所編】
相撲ファンには堪らない相撲協會公認のゲーム。実在する力士を自分で操って稽古をし本場所に挑むリアルさ、細かいギミックや凝ったグラフィックなどのマニアックさが好評。ただ、ボタン操作が斬新な仕様で慣れるまでかかるので難易度は高め
バンバン売れる商品ではないものの、従来のファンに加えて最近の相撲ブームも考慮して注目しておきたい価値ある作品。



提督の決断IV with パワーアップキット

【提督の決断IV with パワーアップキット】
コーエー(現コーエーテクモゲームズ)から発売された戦争シュミレーションゲーム。戦略パートで戦力を生産・開発しておき、戦術パートで敵海域に侵攻して勝利を目指す。プレイステーション2版のパワーアップキットはパソコン版とあまり仕様が変わらないものの、戦闘画面がリアルタイム完全3Dになっており臨場感溢れる海戦を見ることができる。
戦争シュミレーションゲームはマニアなファンが多く、秀逸な作品は常に人気があるので価値が上がる傾向がある。プレミア価格になっている今でもたくさん売れている人気作品



悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印

【悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印】
人気の悪魔城ドラキュラシリーズの第3弾。今ではもうなかなかない横スクロールアクションゲームで、工夫されたギミックやクエストでやりこみ要素も多く絶賛するファン多数。
雑魚でもトリッキーな敵などがいたりレベルを上げてもなかなかボスが倒せなかったりと、敵の特徴を捉えて対策を立ててプレイしていく要素が強いため、同シリーズの中でも今作は難易度が高い。DSでは最後の作品。
グラフィックや音楽まで素晴らしくゲーマーにも人気があり、プレミア価格にも関わらず今でも売れている。


ゲーム.jpg


いかがでしたでしょうか。少しでも参考になれば幸いです。
作品について調べているうちに私もやりたくなっちゃいました(笑)特に悪魔城シリーズ。

最後まで読んで下さりありがとうございました!



ひかる

この記事へのコメント